スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウンべラータを屋外に・・

2013.07.17.Wed.07:02
P7143380.jpg


P7143400.jpg


P7143413.jpg



室内のウンべラータが 2年ほどの期間を経て、物凄く大きくなりました。

我が家には、ウンべラータ2本、エバーフレッシュが2本、
リビングダイニングと和室に、計4本  育てていました。
最初は小さかったんです。

そして、大きく観葉植物が成長し、部屋の中に大きな存在になって欲しいと願って、
ずっと、植え替えや剪定、肥料を与えたりして 大切に育ててきました。


そしたら、物凄く大きくなったんです!!

そのなかでも、もう背を越しそうになったウンべラータが、ついに根詰まりを起こしたような
症状になりました。  
我が家の、決して広くはないリビングと 高くはない天井に、これ以上成長させるのは少し圧迫しすぎる
っと、思いました、 これ以上成長させることはできない、 
そのうえ他の植物もドンドン成長してくれている ・・。


なので、可哀想なのは承知で 心は痛みましたが、根詰まりした状態で、
植え替えをしないまま 大きくなり過ぎたウンべラータを室内置いていました。水だけ与える感じ・・
言い方をかえれば、放置とも言えるような育て方をしていました。それが今年の冬を越した春先の出来事・・。

そんなんだから やっぱり春に葉を沢山広げるはずのウンべラータも、
全然 葉を広げられない・・という状況を自ら 分かっていながら部屋に置いていたんです。。


でも、どうしてもそんな状態をなんとかしたい・・ っと思い、
良いのかどうなのか? 分からないまま、屋外(ベランダ)で育ててみようかな・・っと、思い付きました。

比較的 我が家では屋根があって 直射の当たりにくい東側のバルコニーに。

そこで1か月ほど置いて、水だけ与えて環境に慣れさせてみました。
すると、 驚くことに根詰まりを起こした鉢のままなのに 新芽を沢山だす変化が起こりました!!

すごく嬉しくなって。。  

っと言うか、様子見で 我が家の都合で環境を変え 自分本位で育ててしまっているウンべラータが
それでも 何とか成長しようとする姿、生命力に驚いてしまいました。

屋外なら どれだけ大きく成長してくれてもOKです。
そうとなれば・・で、さっそく 余っていた大きな鉢に植え替えたのです。



P7143418.jpg


この画像のバルコニーが我が家のメインのバルコニー。
このメインのバルコニーは ガーデニング禁止区域と決めていました。
洗濯物干しのみ。 今まで このスペースで一度も ガーデニングをしたことはありません。

実は、わたし・・・、 虫が嫌い・・を通り越して、とっても怖い人なのです。。
洗濯物と植物を出来る限り離しておきたくて メインのバルコニーは 一切 植物は置かないでいたのですが。


普段のガーデニングスペースとしています灼熱の日差しの刺すルーフバルコニーでは、
観葉植物のウンベラータは、一日で葉焼けしてしまうのは分かるので 
ココにはコレだけ置くことにしたのです。。
(北側に 50平米弱の ルーフバルコニーがあります。)

P7143428.jpg


屋外で育てるウンべラータの新芽は、 室内で芽を出す新芽と全然 容姿が違います。
屋外で育てるウンべラータの新芽は、赤みを帯びていて 物凄く力強くダイナミックに見えます。 葉が肉厚。
室内で出す新芽は、瑞々しい鮮やかなグリーンだった。


P7143433.jpg


でもきっと、屋外だと冬は厳しいような気がするんです。。
どうしよう。。   また季節に応じて考えてみようと思います。



大きく広がる植物・・、 背が高くなる植物・・、 ツタになって垂れる植物・・。
色んな観葉植物があり、2・3年ほど前に、 好きな植物をどんどんと増やして行きましたが、
植物は 環境が合って 管理ができていれば とても長生きする生き物だから、
今後、こんな問題がおこらないように、 部屋の広さのバランスも考えつつ 育てていこう!!

っと、そう思いながら 反省してしまいました 。。

                     にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ
                      にほんブログ村
                    ♪♪  超 長文、ご覧いただき ありがとうございます  ♪♪
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。